上田栄民のゴルフレッスン・・・飛距離アップと方向性は、ゴルフを楽しむ上で必須です!

きついトレーニングや、ゴルフ練習場で何百球も打たなくても、
たった数回の素振りでヘッドスピードを上げることができ、

10ヤードから50ヤードもの飛距離アップができる方法があります!

 

 

え〜また胡散臭い、何か売りつけようと考えているんじゃないのか・・・っと思われても仕方がないです。
紹介している自分自身でも、最初に聞いた時にはそう思ったのですから。

 

ただ、どうすればゴルフのスコアが今より良くなるのか、を悩み飛距離アップが欲しいと考えている方には、
目からウロコの話です。

 

 

”ゴルフはスコア、上がってなんぼ!” よく言われる言葉です。
飛距離よりも正確さ、アプローチの上手さ、パッティングの上手さがスコアに直結すると言われています。

 

もちろん、これに異をとなえるものではありません。

 

OBが少なくなりアプローチが上手くなって常にワンパット圏内にボールを寄せられればスコアが良くなるのは
当然なことですから。

 

しかし、私はあるゴルフレッスン教材によりスイング方法を改善すれば結果が大きく変わる効果を体感しました。

 

このプログラムにより、ドライバー飛距離200ヤード前後だったものが240ヤードに、7番アイアンの飛距離は
135ヤードほどだったのが155ヤードの飛距離アップすることができました。

 

全番手が飛距離アップしたことにより、セカンドショット以降がより短いクラブを使用できましたので、いきなりの
ベストスコア更新!88が84に(ワォ-)

 

 

コウイチ

こんにちは、私は孫3人いる60代シニアの月1ゴルファーでコウイチといます。

ゴルフ歴は17年ほどですが、最近までの平均スコアは92前後でした。

 

典型的なサラリーマンの月1ゴルファーで、練習は月2程度でしょうか。

 

ゴルフ仲間との勝負もマンネリ化して、コースラウンド前から結果が予想できましたし、
スコア的に自分の限界を感じていました。

 

しかし、あるゴルフレッスン教材により結果が変わり、考えが一変したんですね。

 

 

ゴルフで飛距離が出ないと・・・、

コースで一番多い350ヤード前後のミドルホールで、ドライバーが200ヤードなら、第2打は150ヤード先の
グリーンを狙うことになります。

 

ほどんとのミドルホールはガードバンカーや、グリーンの傾斜に守られていますので5〜8番アイアンだと思った
ところに打つことは難しい。

 

今までの私は、この罠にハマり、バンカーやラフに入ってスコアを落としていました。

 

 

ゴルフで飛距離が出ると・・・、

350ヤードのミドルホールで、ドライバーが240ヤードでしたので第2打は110ヤード先の
グリーンを狙うことができます。

 

使用したクラブはピッチングで、見事に2オン成功!

 

結果は2パットのパーでした。(あわよくばバーディーでしたが)

 

以前の私でしたら、良くて3オン2パットのボギー、アプローチを失敗すればダボかトリでした。
(たまには1パットのパーもありましたが)

 

ゴルフで飛距離が出る人は、スコアメイクする上で大きなアドバンテージがあります。

 

そのことは私も承知していましたし、そうなりたいと思いましたが、仕事と家庭のことを考えると
きついトレーニングやゴルフ練習場に時間をさけませんでした。

 

それに『そこまでして』という思いもありましたね。・・・言い訳に使ってましたが

 

もちろんゴルフで飛距離がでる場合には、方向性が悪くOBを打つことが多くなる欠点があります。
それなら、いくら遠くに飛んでもOBではスコアメイクになりません。

 

しかし、ここでご紹介するゴルフスイングプログラムは、その心配を打ち消してくれます。

 

私のような中高年や、100切りをめざしている方、もう少し飛距離が欲しい女性ゴルファー、
そしてゴルフ初心者にピッタリのレッスンプログラム
です。

 

 

従来のゴルフ教本やレッスン教材の欠点は、一番大事な感性の部分が伝わってきませんでした。
体重移動?、前傾角度?、スイング軸?、回転軸?、ボディターン?、肩を入れる?、ダウンスイングのタメ?、
コンパクトなスイング?、左の壁?、右の壁?

 

これらは全て感覚で体感し会得するもですから、同じことを言われても受け取る人によりマチマチです。
おのずと結果も異なります。

 

今まで私も複数の教材や教本を利用しましたが、いつもこの部分で『何か違う』と感じていました。

 

ご紹介する教材で初めて、すんなり理解することができ、実践することでアッという間に結果を出すことができました。

 

人によっては本当に数回の素振りでもOKかも。

 

 

運動音痴の私は、ゴルフ練習場に1回行き、トータル70球ほど打ちましたが、15球前後で手応えを感じました。

 

ゴルフで手っ取り早く飛距離アップをはかるには、ヘッドスピードを上げるか、自分のゴルフクラブを見直して
適正なクラブに変えることです。

 

もちろん2つ共できれば期待以上の飛距離がでるのは間違いありません。

 

まずは、ゴルフで飛距離アップが簡単に、短時間で達成できるゴルフレッスンを、眉に唾つけて見てください。↓

 

PGAプロゴルファー上田栄民の
【方向性を失わない飛距離アップ映像レッスンプログラム】の一部内容紹介

このプログラムの目的は、ゴルフで飛距離不足に悩んでいるアマチュアゴルファーに、『ヘッドスピードを今すぐ速くし、
飛距離を10〜50ヤード伸ばすこと』です。

 

そのために、映像をまじえてゴルフ初心者でも理解できるように、日本PGA協会所属A級ティーチングプロの上田栄民氏が
ポイントを突いた解説をしています。

 

一部抜粋してご紹介しまよう。

 

前傾姿勢の勘違い

 

スイング中のチェックポイントの勘違い

 

フェアウェイウッドの勘違い

 

上田栄民の”飛距離アップと方向性を失わないスイング”その効果は

従来のゴルフ教材と大きく違うところは、体重移動やボディターン、スイングのタメなど人によって、どうにでも取れるような
感覚的な動作もゴルフ初心者が理解できるように解説していることです。

 

ゴルフ教材(DVD、書籍)で学ぼうとする場合、ゴルフ初心者や100切りに悩む月1ゴルファーがおちいるのが動作説明が
理解できないことです。理解したと思っても、ほとんどの場合は勘違いでしょう。

 

なぜなら、説明されている動作の経験がないために、教える側とのかい離が起こることになります。
私も、その点については豊富な失敗例があり、自分なりに結果が出るまで時間がかかりました。

 

この教材に限っては、すんなり自分のものとすることができました。これがオススメの一番の理由です。

 

 

このプログラムを実践すれば、早ければ数回の素振りをするだけでヘッドスピードが上がり、自分でもビックリするほどの
飛距離アップを体現することが可能です。

 

ただ、ゴルフ初心者が練習もせずに、いきなり80台が出せるなってことはありません。(キッパリ)

体格・体力は関係なし

性別関係なし

簡単で時間がかからない

筋力アップやきついトレーニングを行わなくてもよい

ヘッドスピードを5〜10キロすぐにアップできる

 

飛距離をアップすることができれば、2打目、3打目のクラブ選択が楽になり、結果的にスコアアップできます。
その意味が理解できるゴルファーが学べば大いに役立つと思います。

 

このプログラムで、

正しいスイング軸を維持する

ヘッドスピードを上げるコツをつかむ

正しい腕の使い方を知る

これにより、ある日突然に同伴の友人をオーバードライブし、仲間をビックリさせることができますぞ。

 

番外編映像

 

上田栄民プロの公式ページはコチラから↓

 

ゴルフのマネジメント 戦略ないところに戦術なし

ゴルフでスコアアップを目指すために必須なのがマネジメント力!
いくら、スイングのスキルを磨いてもマネジメントができなければ、80台を目指す段階で大きな壁が立ちふさがります。

 

 

ゴルフにおいてのマネジメントとは、日常における体調管理、道具管理、練習管理などの管理マネジメント
そしてコースラウンドする時にコースレイアウトと状況を総合的に判断するコースマネジメントがあります。

 

コースマネジメントとは、

目標とするスコアで上がるために自分の実力を基に季節、気象条件を加味し、コースに合わせた攻め方を考えることを
目的とします。

 

コース攻略法とも言いますが、これが上手くないといくらゴルフのスキルがあってもスコアアップに結びつきません。
逆にスキルは低くてもコースマネジメントが上手くいけばスコアアップは難しいことではありません。

 

プロゴルファーやシングルプレイヤーなどの上級者は常にこのボールを、どこに運べば次打でピンを狙うには最良なのかを
考えてプレイしてます。

 

この考え方は、100切り、90切りゴルファーでも何ら変わりません。

ゴルフはピンから攻めて一人前とも言われるように、ティグランドからの発想ではゴルフを難しくしてしまいます。

 

 

ピンから攻めると、

例えば390ヤードのホールの場合では、80ヤードのサンドウェッジが得意なら、セカンドショットの目標を
グリーン手前80ヤードにします。

 

と、いうことは390−80=310ヤードをティショットとセカンドショットで稼げば良いことになります。

 

単純に半分に割れば155ヤードで良いことになりますね。

 

ティーショットではドライバーが苦手なら持たなくても攻めていけますから、考え方しだいでは
ティーショットもセカンドショットも7〜5番アイアンでも問題ありません。

 

この計算通りに行けば3オン。1パットならパー、2パットでもボギーがとれます。100切りゴルファーならボギーはパーと同じ価値があります。

 

ティーグランドから攻めると、

遮二無二グリーン近くまで運ばなければいけないと思い込む人が多いです。

 

すると、ドライバーを力んで大スライス、引っ掛けが出てお約束のOBのラッシュ・・・。

 

また、10回に1度のストレートボールが出てもフェアウェイバンカーの罠につかまっているようじゃ
スコアアップどころではありません。

 

コースマネジメントに徹すればバンカーに届かないクラブの選択は必須です。いかにミスを出さないかが
スコアアップの秘訣なのですから・・・。

 

また、バンカーを超えるようなショットを自信をもって打てる場合は別なルート、バーディルートが考えられます。

 

昔と違って、ゴルフクラブ進化とスイング理論の深化で比較的簡単に、それも短期間で飛距離アップすることが
可能になりました。

 

ドローボールとフェードボールの打ち分け

100切りゴルファーにとっては考える必要ないのがドローボールとフェードボールの打ち分けです。

 

プロの試合を見ていると見事にコースに合った球筋で打ち分けています。

 

でも、アマチュアゴルファー、それも100切りレベルでは百害あって一利なしです。
なぜなら、ボールコントロールが出来る基礎レベルがあればスコア100なんてありえないから。

 

 

今どきのゴルフクラブは性能が良く、技術が不足していてもストレートボールが出て、かつ飛距離も出るようになっています。
スコア90切りを目指すまでは、スイングの基礎固めと、ゴルフクラブに仕事をしてもらう方が簡単でしょう。

 

しかし、

 

スコア80を目指すようになったら球筋の打ち分けも必要になってきます。

 

スコアで2打、3打を争うようになるとフック系のボールを打つかスライス系のボールを打てるのかがスコアアップに直結するからです。

 

球筋の打ち分けができないとゴルフの上達の道は狭いといえます。

 

 

やさしいドローボールとフェードボールの打ち分け方

多くの教材にも記載されているのがクラブフェースは常に目標に向けたままで、

 

ドローボールならスタンスをクローズにしてフックを打つ。

 

フェードボールならスタンスをオープンにしてスライスを打つ。

 

以上の単純な方法が推奨されています。

 

 

ただ、この理論はスタンスの向きを変えることで、スイング軌道をインから入れたり、アウトから入れたりと変化させ、ドローボール、フェードボールに打ち分けるというものですが、あまりお勧めではありません。

 

そう考える訳は、ドローボール、フェードボールになる原因がクラブヘッドが閉じているか開いているかによるものであると考えるからです。

 

重要なのはフェースの向きで、打ち分けもヘッドの方向を調整する方法が簡単で易しく確実です。

 

ドローボールとフェードボールのスイングは同じで、スイングプレーンも同じでOK。
フェースを閉じていればドローボール、開いていけばフェードボールになります。